ドライバー求人を探している人必見!仕事のメリットやデメリットのまとめ!


ドライバーの仕事のメリット

ドライバーの仕事のメリットは、自分のペースで業務を進めやすいところです。配送の仕事では、荷物をトラックに積み込んだ後に1人で車を運転して配送先を回ることが多いです。このような業務の場合、一定の範囲であれば自分の裁量で仕事のペースがコントロールできます。外回りのドライバーは、内勤のサラリーマンのように仕事中に上司の顔色をうかがったり、退屈な会議に長時間出席したりする必要がありません。ノルマや配達指定時間による拘束などが多少あったとしても、ドライバーの仕事には一定のメリットがあるわけです。人間関係の煩わしさが苦手な人にとっても、自分だけの時間が確保できるドライバーの仕事は魅力的かもしれませんね。

ドライバーの仕事のデメリット

ドライバーの仕事のデメリットは、トラブルに遭遇したときに自分1人で対処をしなければならないことです。会社と連絡を取りながら仕事をしている場合でも、目の前のトラブルには基本的に自分で対処をしなければなりません。配送先とのトラブルはもちろんですが、走行中のアクシデントにも、自分で判断をして対応をする必要がでてきます。目の前にほかの社員がいる内勤の仕事では、トラブルの際に同僚や上司にすぐにサポートを依頼することができます。

ドライバーの場合は、携帯電話や無線を通じてしかサポートをしてもらうことができません。そのため、トラブルの際に少し心細い思いをすることもあるでしょう。このほか、仕事のペースが上手にコントロールできないときに、自分の負担が大きくなることもデメリットのひとつと言えます。

京都のドライバーの求人は配送、タクシーともに特に地理に詳しいことが強みになります。接客を伴うドライバーは、歴史を覚えておくとよいでしょう。