何かと注目される外資系転職!果たしてその実態は


明確な実力主義が魅力

日本でも多くの人が外資系転職を希望する時代を迎えました。「いつかは憧れの外資系企業で働いてみたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。そもそも、外資の企業とは当該企業の資本を占める割合に外国人が多い企業のことです。アメリカやヨーロッパを中心に、日本に進出する企業が増えていることは容易に推測できるでしょう。外資のメリットとして挙げられるのが、個人の能力が収入やポストに反映されやすいという点です。例えば、ノルマや目標を達成すれば、その分だけインセンティブがもらえるというケースも少なくありません。「やればやっただけ」しっかりと評価されます。また、日本企業に見られるような年功序列ではなく、実力次第で直ぐに重要なポストに就くことも可能です。

徹底される能力主義!

何かと良いところだけがクローズアップされがちな外資ですが、デメリットもあります。先述した通り、個々の能力が評価される分、成績が振るわなければ解雇されることも珍しくありません。むろん、各企業の業務規程にもよりますが、多くの日本企業に見られるような、労働者への手厚い配慮は期待しない方が良いのではないでしょうか。残業についての考え方も外資では日本企業とは少し異なります。「残業=頑張っている」とはならず、「残業=仕事ができない人」という見解です。外資系企業は、日本国内で躍進を見せるIT関連企業にも多く見られます。求人サイトなどでは多くの日本人スタッフを募集しています。

外資 IT系企業は、能力成果主義が強い企業です。その分実力を高めて力を発揮すれば給料が上がるメリットもありますが、競争も激しく成果を出し続けないと、労働者は生き残れないというデメリットもあります。