外資系と国内企業の違いは何?どんな人が向いている?


外資系企業と日本企業の違いを理解しよう

外資系企業とは資本金の全部または大半が外国資本である企業のことです。そのため企業の意思決定は外国的な考え方や方法で行われます。人事面などにも外国的な考え方が色濃くでてきます。日本の企業風土と異なることがたくさんあるのです。外資系に転職を考えるときにはこの部分をよく理解しておかないと、うまくいかないことも多いものです。

外資系企業の能力評価の方法

日本企業では社歴や年齢が人事考課や昇進に深くかかわってきます。また新人には、その会社の風土やルールを理解するための研修などが盛んです。しかし、外資系企業では、いわゆる成果主義が評価の指針になります。入社時期や年齢はあまり考慮されず、どれだけの成果を上げたかが人事考課の対象になり、それが給与に反映するのです。

長い間在籍していても成果があげられなければ給与は減っていき、最悪は契約打ち切りという場合もあります。逆に入社して間もない若い人でも大きな成果を上げれば高い給与を受け取ることができます。転職者の場合には即戦力となることがほとんどです。そのため具体的に何ができるのかが非常に重要になります。

黙っていては損をするのが外資系

日本では黙って黙々と努力する姿は好ましいものととらえられます。しかし、外資系企業の場合には、「これだけの成果を上げている。だからこれだけの給与を受け取りたい。」と主張することが大切です。日本では残業が好感を持ってみられることもありますが、外資系企業では残業するのは能力が低いとみなされます。

もしどうしてもこなしきれないほどの業務を任されているなら、業務を減らしたり人員を増やしたりするように交渉するのが能力だという考えなのです。外資系企業ではきちんと主張できる人が働きやすくなります。

外資系求人は専門性が高い求人サイトに限って掲載されるケースが多数を占めます。高度なスキルを持つ、即戦力になる人材を優先して求めているのが理由です。